MICEイベント:会議、セミナー、チームビルディングプログラム
設備:広範なMICEの会場
詳細
ラディソン・ブルーホテル
$120
予約する
 短いツアーでウズベキスタンを発見
日数:1 日間
$120
ツアーを表示
ホテル
ツア
ウズベキスタンへのツアーを作成する
+998 71 200-44-55


( ! ) Notice: Undefined variable: CityInfo in /var/www/uzbooking.com/public/modules/cities.inc on line 108
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0000232864{main}( )../index.php:0
20.03453554680include( '/var/www/uzbooking.com/public/modules/cities.inc' )../index.php:298

( ! ) Notice: Trying to get property of non-object in /var/www/uzbooking.com/public/modules/cities.inc on line 108
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0000232864{main}( )../index.php:0
20.03453554680include( '/var/www/uzbooking.com/public/modules/cities.inc' )../index.php:298
ウズベキスタン

ウズベキスタンは中央アジアにある共和国で、国土はアラル海からパミール高原の間に横たわり、西部、中央部はキジルクム砂漠やステップ地帯、東部・南部はフェルガナ盆地とパミール高原などの山脈地帯である。ウズベキスタン共和国は1991年に独立し。総面積は44万7400平方キロメートルである。住民の7割強を含めるウズベク人のほか、ロシア人、タジク人、カザフ人などの多民族の国である。

かつての中国とローマを結ぶシルクロードの中心地に位置していたウズベキスタンが独自の文化、国世紀古い歴史、豊かな自然、古代建築モニュメント、国家の伝統や特別な料理と観光客を惹きつけている。ウズベキスタンは一年中美しいですが、旅行の最も便利な季節は春と秋である。ティムール帝国の繁栄を今に伝えるサマルカンドを始め、ブハラ、ヒワ、ムイナク、シャフリサブズ、フェルガナ、ナボイなどの諸都市は、ヨーロッパに近代国家ができるまでの間、まさにユーラシア大陸の交易の中心地で、世界遺産都市が存在する。首都のタシケントの中心に機械・文化・織物工芸が行われる。世界史をよく観察すると紀元後は、14~17世紀頃までは、中国とローマ、イスラムがユーラシア大陸で覇権を競い、その要衝の交通路は、陸がシルクロード、海がインド洋であったことがわかる。

アクティブな休日が好きな場合は、エコツーリズム、スキーリゾート、狩猟や釣りなどの様々なタイプの休息の機会がある。タシケントに近いCharvak貯水池の淡水で水泳、ザーミン国立公園の動植物層を観察、エリーカラの古代の要塞またはスルハンダルヤ・山脈の神秘的なペトログリフの見物することができる。文明と仏教の歴史に興味を持っている場合は、テルメズ近くの考古学の発掘調査に参加できる。治安も比較的優れ、近年観光産業が発展しつつあり、外国人観光客の姿も見られるようになってきた。オリエンタルの美しさのおかげ、ウズベキスタンのお旅は常に記憶に残る。

気候・ベストシーズン

寒暖の激しい大陸性気候。年間降雨日数が約30 日と少ないため、湿度が低く、晴れ間が多いのが特徴です。ベストシーズンは、花が咲き誇る春(3~5 月)、紅葉の美しい秋(9~11 月)です。

宗教

ウズベク人の間では、イスラム教スンニ派が信仰されています。他、イスラム教シーア派、ロシア正教など。

注意

ウズベキスタンでは、空港、駅内、地下鉄のホーム、軍事施設、政府の建物、問所、大きな橋などは撮影が禁止されています。博物館館内と遺跡の撮影は可能ですが、基本的に有料です。

 

ウズベキスタンの世界遺産と都市

アイダルクル湖 見どころ アイダルクル湖 アイダール湖はキジルクム砂漠にて位置している。そのような乾燥した地域でどのように発生したでしょう?1969年にシルダルヤ川とチャルダルヤ貯水池の水がその岸を超えて、砂漠のくぼみを充填した。アイダール湖の長さは 250 mである。幅広い砂漠、クリスタル水の湖を楽しむ上に漁獲活動もできます。アイダール湖はいつもウズベキスタンの各地から来ている大勢の観光客で一杯である。湖の近くにユルタのキャンプがあり、こちらにて自分を草原の遊牧民のように感じて、夜キャンプファイヤーを囲んで星空を楽しむことができる。 アイダール湖の観光地 アイダール湖 アイダール湖はおそらくウズベキスタンで最も美しい場所のひとつである。この人工の湖は、無限の砂漠に置かれた。湖の長さが250 …
アラル海・ムイナク 見どころ アラル海・ムイナク カラカルパキスタンはウズベキスタン共和国内にある自治共和国である。また共和国北部は「縮小する湖」と呼ばれるアラル海に面している。共和国の面積は約16.5万km²で、「黒い帽子を被る民族の国」を意味する。グリーとシルクロードに位置していた。カラカルパクスタンにあるトプラク・カラ、ジャンバス・カラ、ガウール・カラとアヤズ・カラアザールなどの豊かな観光地が過去の時代についての記憶を保持いる。北部にて「縮小する湖」と呼ばれるアラル海に面している。首都のヌクスの近くに船の墓地-ムイノクがあって、アラル海悲劇の反射である。綿花栽培の為の灌漑用水や無計画な運河の建設等で水量が減少の一途を辿り、20世紀の自然環境破壊と言われ、今その湖畔は約80キロも沖合いへ引き、湖はこの地球から消えている。 …
アンディジャン 見どころ アンディジャン アンディジャンは、フェルガナ盆地の東部に位置している。推定人口は35万人である。アンディジャンはある情報源にて「Andukan」または「Andigan」といった名前で言及されている。ザフリッヂン・ム八マド・バブールがアンディジャンで生まれたは最も有名な方の一人で、彼は、詩人、科学者や政治家であった。バブールの住居はまだ市内に保存し、訪問者のために開放されている。残念ながら、1902年の地震により、アンディジャンの多くのの観光地が破壊されて、復元もできなかった。現在は最も有名なジャミーモスク(金曜のモスク)が残っています。 …
ウルゲンチ 見どころ ウルゲンチ Urgench is a small town located close to Amudarya banks. It is an administrative center of Khorezm region. Urgench is one of the mysterious places of Uzbekistan. Scientists found it difficult to trace the chronology of its history, since the city was named …
カルシ 見どころ カルシ カルシ市はウズベキスタンの都市のひとつで、カシュカダルヤ地方に位置している。"要塞"や "宮殿"の意味をするカルシは、中央アジアにおける科学と文化の発展にとって重要な場所であた。歴史を通じてナサフ、ナフシャブ、べク・ボルデなどの名前で名乗って、XIV世紀からカルシに変わった。カルシの主な見どころはXVI世紀に建てられた古代の女性のマドラサセや、アブドラジズ・メドレセや、有名なカルシーの浴場などです。
コーカンド 見どころ コーカンド コーカンドはフェルガナ盆地で最大の都市の一つです。シルクロードのキャラバンルート上にあったコーカンドはフェルガナ盆地の南西端に位置している。街の名前は "美しい場所"として変換されます。中国からの隊商路として10世紀に歴史に登場したため、古代建築のユニークな建造物が多く残っている。観光の目玉はフダヤル・ハーン宮殿、モダリ・ハーン廟、モダリ・ハーン廟、ジュマ・モスクです。 コーカンドの見どころ フダヤル・ハーン宮殿 1871年 に建てられた宮殿はコーカンド・ハーン国の最後の支配者フダヤルの豪華な宮殿です。フダヤル・ハーン宮殿は、中央アジアの建築様式で建てられたため、豊か …
サマルカンド 見どころ サマルカンド 古い文章でソグディヤナ、マラカンダとして言及されたサマルカンドはシルクロ=ドの中心都市としての道を歩んできた。“青の都”、“イスラーム世界の玉石”、“東方の真珠”などの名前で有名なサマルカンドはギリシャ史料では紀元前4世紀のアレクサンドロス3世率いるマケドニア王国遠征軍に最後まで抵抗したソグド人の都市「マラカンダ」の名で知られる。 14世紀末~15世紀にはティムール帝国の首都として繁栄。市街地の内部にはティムールの墓廟であるグーリ・アミールやビビ・ハヌム・モスクなどが、ウルグベック天文台、アフラシアブにはシャーヒ・ズインダ廟群が築かれ、ウズベキスタンの伝統的なシンボルとなっている。現在でもレギスタン広場を囲む3つのメドレセや、近年修復されブルータイルの美しさが蘇ったグル・エミル廟、ウルグ・ベグ天文台、ビビ・ハヌイム・モスクなどが世界中で有名である。真っ青なそらに、さらに深い色のブルーのドームが太陽でキラキラになって、美しく見える。 …
シャフリシャブズ 見どころ シャフリシャブズ 3000年の歴史を持つシャフリサブズはサマルカンドの南部のカシュカダヤ地方に位置している。もともとは「心休まる場所」という意味のケシュ、キシュ (Kesh) という名前で知られていた町であり、ティムールが誕生した場所として知られる。シャフレ・サブズ‎は”緑の町”の意に由来する。15世紀ティムール朝時代に建築された建物が多く残っている。アク・サライ宮やコック・グムバド・モスク、ティムールの石棺や息子の廟などの建築物が、歴史上重要な時代を例証するものとして評価されて、世界遺産に登録された。シャフリサブズへの観光はお勧めされるツアーの一つです。 …
ジザク 見どころ ジザク ジザフ州はウズベキスタンの地方の一つであり、ヌラタ山脈の北の方に位置している。州都はジザフ市で、12,8万の人口がある。1973年にシルダルヤ州から分かれて、現在11の地区を含めている。気候は典型的な大陸性気候である。主要な農業生産物は、灌漑農業による綿花と小麦である。ジザフ地方の南にあるザーミン国立公園とザーミン国立保養地がとても有名である。 ジザフの見どころ ザーミン国立公園 ザーミン国立公園はジザフ州内にあって、パミール山脈に位置している。面積が20,000ヘクタールであり、特別な景色を持っている。10-15メートルの杜松の木の年齢が120-800才である。ザーミン国立公園はウズベキスタンの最初の保護区で1926年にてできた。広大な公園で松林のような野生動物が多く生息して、700種類の植物群、杏の果樹園が多い公園とみなされている。国立公園は空気がきれな素晴らしい場所で、様々なタイプの動植物層を観測することができる。ザーミン国立公園は「ウズベキスタンのスイス」と呼ばれている。 …
ナボイ 見どころ ナボイ ナボイ州はウズベキスタンの北西部に位置し、面積の大半はキジルクム砂漠。ナヴァーイー州は8つの地区に分けられる。州都がナボイ市で、1958年に設立された国の一番若い都市です。以前シルクロードが通ったこの近代的な工業都市は偉大な詩人アリシェル·ナボイの名前と名乗っている。ナボイ鉱山、ザラフシャン鉱山では世界で最も純度の高い金を産出している。 ナボイ州にはヌラタと言う魅力的な街があり、遊牧民のテントのユルタに宿泊し、ラクダ体験もできる。ヌラタを訪問すると、金曜モスクのヌール・オタ廟、紀元前4世紀のアレキサンダー大王が築いた城壁の跡、ハサン・フサンのモスク、ナマズゴフモスクと紀元前7000年頃から描き続けられてきた岩絵が残っているサルミッシュ渓谷が見ることができる。 …
ヌクス・カラカルパクスタン 見どころ ヌクス・カラカルパクスタン カラカルパクスタン共和国はウズベキスタンの一部で、最西部に位置している。共和国北部は「縮小する湖」と呼ばれるアラル海に面している。アラル海の縮小に伴う環境悪化のため、現在は行われていない。昔からシルクロードに位置していた共和国の面積は約16.5万km²。かつて盛んだったアラル海での漁業は、アラル海の縮小に伴う環境悪化のため、現在は行われていない。 首都はヌクス(人口15万人)。アムダリア川下流域に位置する。19世紀半ばにトルコ族の居住地となり、1939年に自治共和国の首都になった。カラカルパクスタンにはトプラックカラ、ジャンバスカラ、キャウルカラ、アヤズカラなどのユニークな古代遺跡が残っている。ヌクスは1932年に州都となって、砂漠の中の環境危機地域である。町には色々なホテルも数多い。ヌクスの町は地域の経済と文化の中心地で、9万点のコレクションを保管するヌクス美術館(イゴール・サヴィツキー・カラカルパクスタン共和国国家美術館)と共和国国立博物館がある。アラル海の近くにムイナクと言う船の墓地があり、アラル海の悲劇を反映しています。ムイナクでは、昔大きさが世界で第4であったアラル海で泳いでいたが、これから決して動けない船が見ることができる。 …
ヌラタ 見どころ ヌラタ ヌラタ市はナボイの地方の魅力的な街で、山麓の場所に位置しているから最もエキゾチックな都市とみなされている。沙漠を通していく道路はヌラタのポイントです。アレキサンダーの偉大な城は、ハサン・モスク、ジュマ・モスクを含むチャシュマ・コンプレックス、ラバトマリク・キャラバンサライ、ナモズゴフ・モスクなどの場所は最も人気のある観光地である。特にヌラタを訪問するときにサルミミッシュ渓谷の神秘的なペトログリフを見る機会がある。渓谷の美しさにも触れられる自然のアートギャラリーである。 ヌラタの見どころ アレクサンダー大王のお城 一度ヌラタのアレキクンダー大王の偉大な城はまだ廃墟の形で私たちの時代まで保存されていない。お城は、紀元後4世紀にアレクサンダー大王の命令により建てられた。お城は野生の草原と農業の分野の間にあって、戦略上重要構造体として使用されていました。現在、アレキサンダー大王の城壁の跡は、ウズベキスタンにおける重要な考古学のモニュメントとして認識されている。 チャシュマ・コンプレックス チャシュマ・コンプレックスは泉、ジュマ・モスク、ヌラタお墓からなっている。こちらの泉は神様の泉とみなされている。水の一定温度は19.5 …
ヒヴァ 見どころ ヒヴァ 古代オアシスと博物館の都市のヒヴァはホレズム地方に位置している。アム・ダリヤ川下流域のホレズム地方は長い歴史を誇っていて、「太陽の国」を意味します。前6-前4世紀には中央アジアの重要な土地とされ、ギリシア人はコラスミアと呼んだ。 この地方はシルクロードができる何百年も前から、東西文明、南北の文化をつなげる都市として機能してきました。 ヒヴァは、2500年以上前に作られた街で、街の外壁は18世紀の原型のまま残っている。 ヒヴァは、2つの町に分かれ、外・内壁と二重の城壁で町を守りました。内側の城壁に囲まれたイチャン・カラと呼ばれる内城は「博物館都市」に指定されて世界遺産に登録されました。ディチャン・カラと呼ばれる城壁の外側は、19世紀の半ばに砂漠の境に築かれた。 …
フェルガナ 見どころ フェルガナ フェルガナ盆地 ウズベキスタンの東部の地方であるフェルガナパミール高原北端と天山山脈西端の山脈に囲まれたシル・ダルヤ中流域盆地を中心としたオアシス地帯です。前2世紀の漢代には、大苑は()古くから偉大なシルクロードの東西交通の要地で、汗血馬の産地として有名であった。ソ連時代にてドラマ劇場、男子高校生、役人の家、美しい公園などが建てられた。 フェルガナ盆地の中央南部にその名もフェルガナという町があるが、これは占領したロシアによって築かれた町です。現在、運河の水路が走り、広大で美しい木々が並んでいる。フェルガナ盆地にはマルギラン、コーカンド、アンディジャン、ナマンガン、リシタンなどの町があり、シルクや陶芸の産地として名高いです。フェルガナの主要観光スポットは町の郊外にある壮大な風景で、中央アジア建築の有名なモニュメントも多数残っている。 …